酵素不足は老化の原因?

「30歳を過ぎてから体が変わった」と感じるのには、実は単なる老化にとどまらない理由があります。
呼吸や消化など生命活動になくてはならない体内酵素ですが、これは30代を超えると私たちの体から急速に減り始めます。
特に30代〜40代の間には仕事で大きな責任を担うことも多く、出産・子育てなどストレスを抱えることも酵素が減ってしまう原因の一つです。

 

ただでさえ生産に限りのある体内酵素が減ってしまうのですから、今まで通りの生活を続けていれば、確実に酵素不足の状態に陥ってしまいます。
そうなる前に、常日頃から酵素たっぷりの食生活を心がけることが「老けにくい体」になるかどうかのターニングポイントです。

 

また、体内酵素の活性化には、ビタミンやミネラルといった補酵素の存在も必要になります。
これらは人の体で作りだすことができない為、生の野菜をたくさん食べるなど、やはり食事から取り入れる必要があります。

 

 

酵素ファスティングダイエットにおすすめの酵素ドリンクランキング