ファスティングの好転反応とは?

酵素ファスティングを実践すると、早い人では初日から頭痛やだるさ、眠さといった好転反応が出ることもあります。

 

ファスティングの好転反応は、体内の老廃物が一気に排出されている状態のひとつ。

 

ほとんどの場合、そういった状態は好転反応が出始めてから2日以内に収まります。
逆に言えば、2日間は体調が悪く感じるかもしれませんので、酵素ファスティングを実践する時は土日やお休み前を絡めた方が良いでしょう。

 

好転反応の終了は、デトックスがある程度完了した目安になるのですが、時間に余裕があればここで酵素ファスティングを終了せずに、数日続けてみて下さい。
好転反応が終了するまでの体は、体内の老廃物が排出されただけの状態。
それからは新しいキレイな細胞が生まれようとしている状態なのです。

 

酵素ファスティングは、デトックスだけでなく、ダイエットと美容にも効果的な方法です。

 

酵素ファスティングを実践して、肌がキレイになったという声はとても多く聞きます。
水断食と違い、好転反応が治まった後なら、日常生活も問題なく行うことができる酵素ファスティング。
「健康的にキレイに痩せたい」という場合は一度試してみて欲しい方法です。

 

 

酵素ファスティングダイエットにおすすめの酵素ドリンクランキング